FC2ブログ

新着!! 四国の社長さんブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブ・ゲスト・ライブラリ『asahi.com「仕事・資格」の「今週のスペシャル」 』 


福間 宏之

 90年代からリストラの名の元で繰り広げられてきた人員削減!!
 その動乱の中で、かって多くの労働者が共通認識としていた、「雇われる」という言葉の意味を、問い直す機会が増えたように感じる。
 「エンプロイアビリティー」:雇われるに足る能力、という言葉の出現は、そのような時代の流れを象徴している。
 効率化のために業務改革が断行され、個人の持つ「仕事をこなす能力」にまでメスが入った。仕事感の変革により、「個人のキャリア」という、今までそれぞれの思いに任されていた曖昧な面まで意識されるようになった。
 自らの仕事感を確認し見直す方々を支援するために、朝日新聞:朝日求人のコーナーには、以前から自分自身の仕事感を確立してきた人たちの記事が掲載されている。その中で2003年3月から新たな企画が始まった。
 従来のコーナーに加えて設けられた特別コーナーで、各界の有名人が登場し、自らの仕事感をそれぞれ4回ずつのシリーズで語っていく。今までに10人の方々が各4回、計40回分のメッセージを寄稿されている。
 このコーナーでのメッセージが下記のURLに掲載されている。

  asahi.com「仕事・資格」の「今週のスペシャル」

 仕事感を「個人のキャリア/人生を形作るもの」と考えると、時々の思考や行動に曖昧さは許されない。
 寄稿された方々の話を読むたびに、「自分の思いに正直であれ」「世の中で恥ずかしくない言動をしよう」というメッセージが心に残る。迷いのない潔白な仕事感を持つことの大切さに気付かされる。
 上司や会社、ひいては世の惑わしに翻弄されることなく、信念のある仕事感を確立し、誰のためでもない、自分自身のために、悔いの無い仕事を成し遂げたいものである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://breakthroughactivity.blog51.fc2.com/tb.php/26-6f72939e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。